精神科医が教える ムダにならない勉強法

 

社会人一年目「今は勉強するときだ!インプット!インプット!」と様々な本をせっせと読み漁っていたのですが、それがいかにムダか思い知らされました!残念!

 

精神科医が教える ムダにならない勉強法(樺沢紫苑著、サンマーク出版)は効率よく圧倒的成長をするための具体的な方法が盛りだくさんです。

 

f:id:oufukubinta:20170803213916j:image

 

「脳楽勉強法」「守破離勉強法」「真似ぶ勉強法」「入出力勉強法」「スーパーアウトプット勉強法」など、事細かに書かれています。

 

守破離勉強法

数ある勉強法の中でも、400年続く「究極の勉強法」があります。(中略)「守破離」は、茶人・千利休の歌「規矩作法 守りつくして破るとも離るるとても本を忘るな」をもとにしているといわれています。

(106ページより)

 

まずは基本を徹底的に真似て、しっかりと習得する。次に基本を踏まえたうえで、他の方法やパターンを試してみる。最後に「自分流」を確立する。

(107ページより)

 

 f:id:oufukubinta:20170804020556j:image

 

MEN'S KNUCKLE風にいうと、このような感じでしょうか?

 

 

f:id:oufukubinta:20170804113437j:image

 

初心者ほど、背伸びをして上級者向けのノウハウを知りたがるものです。

脱オタしたいと考える大学生が崇高なるファッション誌MEN'S KNUCKLEを突然手に取っても、打ちひしがれ何もできずに終わる可能性が高いです。

 

ファッションに関する入門書に目を通した上で、MEN'S KNUCKLEを開くと『MEYHEMで購入のベストにレザーをカスタムし、ユーズドデニムにはファー&チェーンをオン。最狂にファンクな伊達ワル道を切り開く』というコメントも難なく理解することができます。

 

 

 

 真似ぶ勉強法

しかし、ファッションに関する入門書というのはあまり出版されていません。メンズに至っては皆無です。

 

妥協してファッション専門用語辞典など買ってしまうと、脱オタどころかファッションオタクの完成です。

 

そんな場合に有効なのが真似ぶ勉強法だそうです。

 

メンターとは何かを習うときの師匠、先生のことですが、さらに広い意味で「人生の師匠」「人生の目標とする人物」という意味で使われています。

(139ページより)

 

リアルに会える人で、実際に自分の近くにいて、具体的なフィードバックをくれる人、それがコーチにするべき人です。 

(141ページより)

 

「その人のようになりたい」と思い、その人のやり方を徹底的に真似ていくと結果として成長できるらしいです。

 

要するに、MEN'S KNUCKLEのカリスマモデルをメンターとして、そのモデルが着ているブランドのショップ店員をコーチに設定すれば完璧です。

 

ファッションだけでなくカリスマモデルの仕草や言動までも真似しなくてはいけません。「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている」などと漏らした暁には素晴らしい圧倒的成長を遂げているでしょう。

 

そして、ショップ店員によるフィードバックも非常に大切です。

 

入出力勉強法

 「インプットをたくさんすれば、勉強の効果が得られて、自己成長する」と多くの人は思っているでしょうが、それは完全に間違いです。(中略)自己成長はインプットの量には比例しません。アウトプットの量に比例するのです。

(158ページより)

  

前回読んだプロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術には、 『とにかくあらゆる文章を読む習慣を身につけることが大切です。ただし、必ずしもそこからなにかを意識的に学ぶ(学ぼうと意識する)必要はないとも個人的には考えています』とあり、頭使わなくてもいいんだ♡とズボラ解釈していましたが、そんな上手い話あるわけがありません・・・

 

 

フィードバックとは、アウトプット、すなわち得られた結果を評価し、考慮して、次のインプットに修正を加えるという作業です。フィードバックがないと、同じところを延々と回り続ける、堂々めぐりをするだけです。

(210ページより)

 

インプットとアウトプットは7対3!

それからフィードバック!

 

 

例えば、インスタグラムに毎日コーデを載せたり、MEN'S KNUCKLEの読者モデルに応募してみたりすることで伝説の脱オタ帝王へと近づくことができるのです。

 

 

 読者プレゼント

ムダにならない勉強法がさらに深く理解できる90分の動画解説が無料でダウンロードできます。

樺沢紫苑公式メルマガに誘導する巧妙な手口です。

 

 

関連図書

主要参考文献より私が気になる本

天才!成功する人々の法則(マルコム・グラッドウェル著、勝間和代訳、講談社

「知」のソフトウェア 情報のインプット&アウトプット立花隆著、講談社